閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

紫陽花の赤ちゃん.

投稿日2009/4/21

今日は、午後から久しぶりにまとまった雨となりました。
そこで、雨に似合う花といえば、断然「紫陽花」です。
さすがに開花は、梅雨時まで待たなければなりませんが、
なにげなく《錬成館》前の植え込みを覗いてみると・・・
 
0033.JPG
 
0011.JPG

葉の上には、遅咲きの桜の花びらが、ひとひら、ふたひらと。
そして、その中心には、守られるようにして、まだ色づき前にある紫陽花の「赤ちゃん」が認められました。
 
  万緑の中や吾子の歯生え初むる
 
とは、我が子の思いがけない成長を季節の巡りと重ねてうたいあげた、
中村草田男の色彩豊かな一句ですが、それにちなんで・・・。
 
    新緑の中や赤子の紫陽花(はな)つぼまれる
 
この恵の雨が生徒諸君のいっそうの成長を促しますよう願いつつ。

前の記事女子特別講座 「日本舞踊 辰巳流」
次の記事「自然の中で何する~?」