閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

松の「花」が咲いています!.

投稿日2009/4/16

0063.JPG

世の中には、見ているようで意外に見えていないものがたくさんあります。
 
今、前庭のの木が開花ラッシュをむかえているのをご存じでしょうか。
この先端が赤く色づいている方が、「雌花」です。
 
0022.JPG

一方、つくしの先っぽが寄り集まったようなのが、「雄花」です。
 
松は、裸子植物として胚珠がむき出しになっています。
そこで、「雄花」で作られた花粉が風に飛ばされ、「雌花」に付着し、受精して種となり、最終的にはあの「松ぼっくり」となるという仕組みです。
 
午前中、穏やかだった天気も、夕方にわかに風が強まってきました。
依然として花粉に悩まされている方々には申し訳ありませんが、
松の木たちのためにも、それが「追い風」となりますようにと願うのでありました。

0041.JPG0031.JPG0052.JPG

前の記事葉脈、くっきり。
次の記事「全体から 部分へ」 中学1年写生会ガイダンス