閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

孝行「孫」.

投稿日2009/2/4

昼過ぎ、出願や入学手続きに来られる方々を正門近くで出迎えていたときのこと。
 
「あのう、校内を少し見学しても差し支えないでしょうか?」
 
見れば、ご婦人二人連れ。
おひとかたは、腰のかがんだご高齢のおばあさま。
 
「おかげさまで、息子が合格をいただいたのですが、
うちの母が、孫の通うことになる学校をぜひ見たいと言うものですから・・・」
 
おぼつかない足取りながらもお母様が手を携えながらゆっくりゆっくり、前庭を一周なさっていました。
そして、帰り際、深々とお辞儀をしながら、
 
「お世話になります・・・よろしくお願いします」
 
思わず熱いものがこみあげて、しばしこちらも頭をたれておりました。 

前の記事春よ来い! 
次の記事《中学入試》 すべての回が終了いたしました