閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中学 校内書初め展.

投稿日2009/1/16

h210115-004.jpgh210115-005.jpg

毎年恒例の〈(中学)校内書き初め展〉が始まりました。
各クラスの廊下に、全員の力作がずらっと並んでいます。
 
「高い理想」
「輝く前途」
・・・・・・・・・・
 
どの墨跡も、希望に満ちて健康そのものです。
 
さて、本日は都心に出ることがありましたので、
夕刻、閉門間際の「明治神宮」に参拝してきました。
 
大鳥居をくぐり、砂利の敷き詰められたゆるやかに上る参道を本殿に向かいます。
いよいよ神門に入り、四方を囲まれた広場に立ってみると・・・
 
011.JPG014.JPG0101.JPG0131.JPG
 
なんと、こちらでも「書道展」が開かれていました。
全国、そして海外からも応募されたもののうち、「特選」300作品が、ずらっとならんでいました。
さすが、選抜されただけのことはあって、申し分のない力作揃い。
 
そもそも「書」は、上手下手を二の次にして、
心の有り様を映す鏡といわれています。
 
多くの人心と墨の香に囲まれた神宮でありました。

前の記事合格へ…まず根を張るべし
次の記事陣中見舞い 《大学入試センター試験》