閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

報われますように….

投稿日2008/9/16

h200916.jpg

「秋の日は釣瓶落とし」というにはさすがに時期尚早でしょうか。
あたりが急ぎ足で夕闇に包まれるころ、校舎の一角、わずかに特別教室だけ煌々と明かりがもれています。
 
連休明けの今日、高校3年生「マーク模試」に取り組みました。主に来春の「センター試験」を目して本番さながらに夏の成果を発揮します。
もっとも、本番は2日間に渡って行われますが、今回はそれを1日でこなしたのですから大変です。
7~8科目受験した者は、朝の8:30にリスニングを含む英語100分間から始まって、つい今しがたの18時近くまで問題と格闘したことになります。
途中、若干の休憩を挟んではいるものの、実に延10時間にわたる長期戦でした。
 
一方、近づく「久我山祭」に向けて各団体も準備が本格化してくるときでもあります。
そこで、例年通り、ただし高校男子生徒に限られますが、本日から通常の活動時間を延長して最大19時下校が許可されます。
ちなみに今日延長を申し出たクラブは・・・
 
考古学部と、二つの「同好会」でした。
その二つとは、「ギター音楽同好会」「マジック同好会」
ともに発足から日は浅く、晴れて「部」に昇格する日を夢見て地道な活動を重ねています。
 
「長期戦」「延長戦」
 
ともに報われたときの喜びはコールド勝ちのそれにも勝る最上のものでありましょう。
 
どうか、それぞれの戦士らの努力が報われますように。

前の記事現の証拠
次の記事宮城野の〈萩〉が、咲き出しました。