閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

『夏の思い出』.

投稿日2008/6/24

023.JPG

♪~ なつがくれば おもいだす
    はるかな 尾瀬  とおいそら ~♪

 
とはいえ、まだ一昨日のことではありますが、
「尾瀬」の思い出アルバムを開いてみましょう。

0043.JPG0073.JPG
かつての「尾瀬ヶ原」への表玄関、「富士見下」は今は静けさに包まれていました。ちょうどこのころ、生徒の皆さんはにぎやかな現在の表玄関「鳩待峠」を出発するころでしょう。
0092.JPG0064.JPG
途中、野生動物のお出迎えを受けながら7kmほど林道を登り詰めると「富士見峠」に到着します。
0104.JPG0122.JPG
さて、これから「長沢新道」を経ていよいよ尾瀬ヶ原へ向かいます。約4kmの道のりです。
0133.JPG0153.JPG0161.JPG
分岐を右に折れて下ろうかという地点で、さすが標高1800mの高層湿原ですね。下の「原」ではすでに「お化け」となってしまっている「水芭蕉」もご覧の通り。遠く燧ヶ岳を背景に静かに佇んでいました。
0172.JPG
尾瀬に来た醍醐味は、この「一瞬」にあるといってもいいでしょう。しだいに目の前の遮るものがなくなり「原」が見渡す限りに広がり行くその瞬間・・・。
0181.JPG
まさに、この世は「清」と「濁」。木道上の糞を嫌がるように身をよじる「水芭蕉」です。(笑)
019.JPG
こんな遭遇は、しばし時を忘れて・・・
そして同時に、数々の高山植物の花々にも・・・
0212.JPG0221.JPG025.JPG0261.JPG
033.JPG034.JPG040.JPG
 
0271.JPG0281.JPG0291.JPG
しずかに花を観賞していたら、なにやら向こうからにぎやかな一団が近づいてきました。(笑)
0301.JPG
小屋に物資を運ぶ「歩荷(ボッカ)」さん、ご苦労様です。
031.JPG032.JPG036.JPG
038.JPG037.JPG039.JPG
尾瀬ヶ原の魅力のひとつは、こうした清流や各所に見られる池塘の存在です。
041.JPG042.JPG
尾瀬ヶ原の西のはずれ、「山の鼻」です。生徒らはここを起点に班ごとに散策に出かけました。
043.JPG045.JPG
鳩待峠まで登り返してきました。日曜日ということもあって、実ににぎわっていました。「至仏山」の山開きは7月1日。残念!
046.JPG
さあて、峠から「鳩待通り」と呼ばれる尾根道を6kmほど、「天上の楽園」を目指します。
047.JPG049.JPG
またしても「中田代」手前あたりから『水芭蕉』が出迎えてくれました。
050.JPG051.JPG052.JPG053.JPG
振り返れば「至仏山」が、彼方には「会津駒」が、そして足下には「チングルマ」が・・・。
057.JPG055.JPG056.JPG058.JPG
「楽園」に到着です。この地を「かつての楽園」と呼ばせないように・・・。わたくしたちの務めです。
059.JPG060.JPG
はるばるぐるっと一周、富士見峠へ下ります。ようやく小屋の屋根が見えてきました。
061.JPG062.JPG
お出迎えも、お見送りも、やはりこの季節は「水芭蕉」でした。
063.JPG064.JPG
いついつまでも、「♪~ 『静かな』 尾瀬 ~♪」でありますように。
 
 
 夏の思い出  
江間章子(えましょうこ)作詞・中田喜直作曲

一 夏がくれば 思い出す
   はるかな尾瀬 遠い空
   霧のなかに うかびくる
   やさしい影 野の小径
   水芭蕉の花が 咲いている
   夢みて咲いている 水の辺り
   石楠花色に たそがれる
   はるかな尾瀬 遠い空
 
ニ 夏がくれば 思い出す
   はるかな尾瀬 野の旅よ
   花のなかに そよそよと
   ゆれゆれる 浮き島よ
   水芭蕉の花が 匂っている
   夢みて匂っている 水の辺り
   まなこつぶれば 懐かしい
   はるかな尾瀬 遠い空

前の記事中学ラグビー部 関東大会優勝!
次の記事今年もまた、捩花が咲き出しました。