閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

おーい! 君の「分身」が泣いているぞ!.

投稿日2008/3/5

h200305-003.jpg

寒の戻りもなんのその、
試験間近もなんのその。
 
だから、かえって普段以上に昼休みの中学生の姿がいきいきと見えてきます。
 
 
さて、そんな「まぶしい」窓外から校舎内に目を移してみると・・・
 
h200305-004.jpg
女子部の廊下にはご覧の通り・・・
 
男子部はさらにボリュームを増して
h200305-001.jpg
 
体操着、靴、時計、筆箱、・・・
そして中には英和辞書や『古事記』といった書物まで。
 
そうした「もの」の価値は金銭ではかれるものでは決してないでしょう。
ひとたびその人の手を経たからには、すでにその人の「分身」であるはず。
 
どうか、こうした悲しい行為の延長として、
諸君一人ひとりの大切な「トモダチ」を
放置してはばからないようなことになりませんように・・・。
 
 
            《在校生のみなさんへ》
   今年度中に集まった「落し物」です。
   心当たりのある人は、担当の先生まで至急申し出てください。

前の記事『父親の力 母親の力』 河合隼雄
次の記事ひと足早く