閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「ぬるくゆるびもていけば・・・」.

投稿日2008/2/20

今日は、このところ続いていた寒さがゆるんで、ぬくい一日でした。
 
それもそのはず、意外なことに、校舎から望まれるこんな景色からも・・・。
 
0012.JPG
本館校舎から東側の新宿副都心方面を望みます。
 
003.JPG
手前の岩崎通信機の社屋の向こう側に杉並清掃工場の煙突が見えています。
 
よくよく目を凝らしてみて・・・、
・・・気がつきました。
 
0051.JPG

昨日までは、北(左)から南(右)にたなびいていた白煙が今日は一転して・・・。
 
明日は、卒業が間近に迫った高校3年生が修了式のために久し振りに登校してきます。
この南風に乗って、春の訪れを告げる朗報がどれだけ届けられるか楽しみですね。
 
 
※それでは、問題です。
  本日のタイトル、「ぬるくゆるびもていけば」は、
  ある有名な古典作品の中にある表現ですが、
  その作品名は?
  (ヒント:その作品は平安時代に成立した三大随筆の一つです)

前の記事あれっ! 新しいクラブが発足したのでしょうか?
次の記事平成19年度 部活動表彰式