閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

〈期末試験〉〈グラウンド工事〉 S tar T!.

投稿日2007/12/8

h191208a1.jpg

始まりました。
2学期はとかく中だるみの時期ともいわれます。10月の中間試験にて痛い思いをした輩にとってはこの試験が挽回のチャンス!また、高校3年生にとっては、その直後に迫る大学入試に向けてのまさに前哨戦。
 
この峠をしっかりと越えなければ、クリスマスもお正月もありません。
水を打ったような静けさのなか、どの教室からもペンを走らせる音が響いていました。
 
h191208b1.jpgh191208c1.jpg

そんな教室からグラウンドを見やると・・・
その中央で、恭しくなにやら執り行われています。
 
4月中旬完成を目指して、いよいよこちらも「人工芝」の工事が本格的に始まるようです。今日はその第一歩「地鎮祭」が行われたのでした。「土」への愛着いまだ消えぬ方々にとっての「気鎮祭」でもあったのかもしれませんが・・・。
なにはともあれ、無事に工事が進み、一日も早い完成を願うばかりです。
 
h191208st.jpg

さて、午後には来春中学1年生から新設される《STクラス》に関する説明会が第一体育館にて行われました。
通常の学校・入試説明会とは異なり、より《STクラス》に特化した各教科の学習指導、入試問題の傾向、そして1日午後入試の要項などについての確認がなされました。
 
あと本番まで約50日となった今、とりわけ入試4教科の「出題方針」について話が及ぶと、より熱心にメモをとる姿が目立ちました。
 
h191208st-1.jpgh191208st-2.jpgh191208st-3.jpgh191208st-4.jpg 
 
最後に、この《STクラス》発足について、学校長がある受験雑誌のインタビューにコメントしたことばをご紹介しておきます。
  
 「《久我山》は、こうした《STクラス》なるような特進クラスを設けなくてもすむような学校に成長していくために、このたび思い切って《STクラス》の発足に踏みきることにいたしました。」
 

前の記事吸収力
次の記事『父親の力 母親の力』(「イエ」を出て「家」に帰る) 河合隼雄著  講談社+α新書