閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

吸収力.

投稿日2007/12/7

h191207a.jpg

今日は二十四節気の「大雪」
それにもかかわらず、久しぶりに日中の気温は15度をこえ 「小春日和」の一日でした。
今学期の授業も午前中で打ち切り、明日からの期末試験に備えて家路を急ぐ生徒らが早くも「啓蟄」を思わせるように校舎から続々と出てきました。
 
そんな彼らを正門脇の「イチョウ」が温かみのある色合いをして見送っているようでした。
それにしても、この季節になると思うのです。
「こんなにも町中の至る所に『イチョウ』の木があったのか」と。
 
特に今日のような日和のなかにあっては、そのお天道様の温かさ、輝き、そしてそのエネルギーのすべてを「吸収」して立ち並んでいるように感じられます。それもあってでしょうか。ハラハラと散る一葉をあらためて手にしてみて、意外なほどにその葉の肉厚であることに驚かされます。
 
明日からいよいよ「今年」の総決算とも言うべき〈期末試験〉が5日間にわたって行われます。
夏明けから実りの秋を経て、どれだけの学習内容を「吸収」することができたか、その力をいかんなく発揮するべきときがやってきたのです。
 
お天道様以上の温かさ、輝き、そしてそのエネルギーを感じさせる「イチョウ」の葉に、負けず劣らずのみなさんの健闘を期待したいと思います。

前の記事ひらめき
次の記事〈期末試験〉〈グラウンド工事〉 S tar T!