閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

余白の時間.

投稿日2012/9/3


 ~ 然別湖畔にて
    中学3年(女子)自然体験教室  ~
  ・・・現地の教頭先生よりこんな画像が送られてきました。(9/2)
 
 
 
朝陽が湖面に照り映えていよいよ輝きを増していきます。
まもなく始まる「朝のつどい」を前にしばし憩いのひととき。
 
あらかじめ計画されたプログラム以上に、こうした余白の時間こそが尊いもの。
たとえ、そこで交わされたやりとりが他愛ないものであったとしても。
まさに「早起きは三文の徳(得)」。
その価値は、今後まぶしかった記憶とともに彼女たちの思い出としてますますふくらんでいくことでしょう。

前の記事義を見てせざるは・・・@第2学期始業
次の記事ほんの小さな「秋」見つけました。