閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

白木蓮.

投稿日2008/3/18

どうも春だからでしょうか。
話題が偏ってしまいますが・・・。
 
昨日にひきつづき、春の花の話題です。
 
0221.JPG

学校の北側に面したお宅の庭先に今が盛りとばかり咲き誇る「白木蓮」の清楚な立ち姿です。
 
よく、辛夷(こぶし)の花と混同されますが、白木蓮の方は、花弁が完全に開かないことで見分けがつきます。
それだけ実に奥ゆかしい花といえそうです。
 
そういえば、この白さの具合は、どこか女子のセーラー服に通じるものがあります。
服のみならず、その「奥ゆかしさ」もまた似通っているはずですが・・・(笑)
 
0231.JPG

夜には御覧の通り、その存在は月あかりを浴びて、日中とはことなる妖艶さを醸し出しています。
 
 
ところで、この白木蓮の花を見るたびに、思いだされる一冊の本がありますので、ご紹介いたします。
それは・・
 
happy-birthday.jpg 

 『ハッピーバースデー』 (青木和雄 吉富多美 著  金の星社) 
  親子のつながり、家族の在り方等、たいへん示唆に富んだ内容です。
  まだ散ることの少ないこの機会に、ぜひご一読ください。

前の記事それぞれのタンポポ
次の記事菜の花や月は東に日は西に