閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

全国第3位!@第36回全国高校囲碁選手権大会:個人戦.

投稿日2012/7/25


  〈三位決定戦 勝利の瞬間より〉
   ※個人戦の詳細は こちら
 
囲碁の「甲子園」ともいうべき「第36回全国高校囲碁選手権大会」に、東京都第一位代表として3年連続出場を果たした二宮歌穂さん。
 
同大会にて1年時第3位、昨年は準優勝と、着実に順位を上げてきただけに、今年にかける思いは並々ならぬものがありました。
 
「悔しいです」
試合後のインタビューにて、まずは率直な気持ちを口にしました。
準決勝での敗因について、持ち時間が一手10秒間という厳しい局面におかれたことに話が及ぶと、
「いや、まだまだ実力不足だということです」
とどこまでも謙虚に受けとめていました。
 
お父様、お祖父様の影響を受け、小学校1年生の時から碁盤に向かうようになったとのこと。今ではそんな「師匠」たちを寄せ付けないほどに成長し、ふだんは「教室」に通うことなくもっぱら独学なのだとか。
「早く受験を終えて、また思う存分(碁を)打ちたいです」
 
将来のことを問われ、
「大学へ行っても続けます」
ときっぱり。
女性棋士としての道に白黒つけるには、まだ志半ばといったところでしょうか。
今後のさらなる活躍に期待したいと思います。
 
ご声援くださいました皆様、まことにありがとうございました。
 
 
 真中に碁盤据ゑたる毛布かな  正岡子規

  (日本棋院 展示ギャラリーにて)

前の記事1.31秒
次の記事Pro Musica Girls' Choir Japan Tour 2012@東京オペラシティコンサートホール