閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「土砂降り」にも負けず@男子中学2年自然体験教室〈第2日〉.

投稿日2018/8/29


 
山の天気は変わり易いもの…。
今日は、この言葉の重みをいやというほど実感する一日となりました。
 
蒸し暑さの樹林帯を抜け、視界が開けるはずの弥陀が池では、にわかにガスが立ち込めはじめ、国内以北最高峰の奥白根山の頂にようやく立てたと思いきや、土砂降りの雨風に見舞われるという試練つづきの厳しい山登りとなりました。
しかし、そんな過酷な状況の中でも弱音を吐かずに歩き続けた生徒諸君へのご褒美として、五色沼のほとりにたどり着いたあたりでは、冷え切った身体にお天道様があたたかな日の光をプレゼントしてくれました。 
 

 
さて、明日は一転、山岳部からよりデリケートな高層湿原の広がる「尾瀬」へ。
自然はまたどんな表情を見せてくれるでしょうか。
 
  ※「画像」の多くは、A先生(5組担任)から提供していただきました。
 

 

前の記事湖沼と雲海を眼下に@男子中学2年自然体験教室〈第1日〉
次の記事はるかな「尾瀬ケ原」@男子中学2年自然体験教室〈第3日〉