閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

“ 猛 ” 暑中お見舞い申し上げます on Mt.Fuji.

投稿日2018/8/2


           平成の盛夏 御来光に浴す   photo by Y.Shimizu
 

下界はふたたび厳しい猛暑に見舞われているなか、とても防寒着なしでは過ごされない八月最初の夜明けを迎えた富士山頂。
そんな下の世界を隔絶するような厚い雲海の彼方から、今年もまた神々しいまでの御来光を拝むことができたようです。
   
例年にも増して総勢63名が参加した「富士御来光登山」(7/31-8/1)。今年でかれこれ4年目となる希望者対象の行事ですが、その名に違わず毎年のように貴重な「御来光」に浴することができているというのはある意味奇跡と呼ぶしかありません。
それもこれも、入ったばかりの初々しいチャレンジャーの中学1年生から、文字通り最高の舞台にて大願成就を誓わんとする高校3年生までの在校生たちに加え、一生に一度はと意を決した臨んだお父様やお母様、さらにあの感激の瞬間をふたたび三たびと参加されたご家族も含め、参加者のみなさんの強い気持ちとこの日のために準備されてきた日頃の行いのお陰でありましょう。
 
念願叶って、このすばらしい景色のただ中に我が身を置くことのできた本校職員のSさん。
興奮冷めやらぬSさんからさっそく届けられたこれまた素晴らしい写真を一部ご紹介したいと思います。
しばし、国内最高所をわたる涼風を皆様のもとにお届けできればと思います。
 
まだまだ厳しい暑さが続くようです。
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
 

       「お鉢巡り」にて   photo by Y.Shimizu 

 

前の記事「一日久我山生」たち、笑顔あふれる。@ 授業体験 in Kugayama 2018
次の記事夏に鍛える 〜高校男子陸上競技部高地トレーニング より〜