閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

たてるかたち@女子部中学2年特別講座「華道」.

投稿日2012/6/29

 
女子部中学2年生対象に午後の時間を使って「華道」実習が行われました。
今日のお題目は、「たてるかたち」。
  
「・・・お花もわたしたち人間と同じ。
その立てた形のなかで、実は「足元」をいかに美しく見せるかがとても大切です。
ですから(剣山にさす)茎の部分には、
たとえば(薔薇の)葉などを添えるようにしてみるのもいいでしょう。」
 
「・・・花にとって、葉は命。
ならばなるべく落とさず摘まず活かすようにしたいものです。」
 
師範の先生からは、たいへん示唆に富んだお話が聞かれました。
 
「華道」に「生け花」。
主役はまぎれもなく「花」なれど、
その存在を生かすも殺すも、
それは「葉」の有り様にかかっているとは・・・
 
一杯の花器の
さらに剣山という針のむしろの上で
展開される「生ける」行為には
わたくしたち人間社会にも似た
持ちつ持たれつのドラマが
繰り広げられていたのでした。
 

前の記事梅雨空の間隙を縫って《高校体育際2012》
次の記事半夏生@期末試験「一週間前」