閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「久我山健児」ここにあり @男子部高校3年〈武道大会〉6/15 東京武道館.

投稿日2018/6/16


 
  「石の上にも三年」
  
会場を校内から聖地「東京武道館」に移して3年目を迎えた男子部高校3年〈武道大会〉
中学からの内進生はかれこれ6年間にわたり、武道の実技を通じてその精神性にふれてきました。
 
  「礼に始まり礼に終わる」
 
技を磨くも高めるも、全ては稽古をともにした相手の存在があってのこと。
ならば、勝負の外では、互いを尊重しあい、今ここで相見えることに感謝することを忘れてはなりません。
 
ポイントを奪取してのガッツポーズも、勝利の美酒に酔いしれての派手なパーフォーマンスも御法度の世界。
柔道も剣道も、ともにその真剣な演武披露や、一切の妥協を許さぬ厳正なる審判員の裁きもあって、その集大成にふさわしい武道大会として有終の美を飾りました。
 

 

前の記事梅雨の中休みに…@中学1年〈久我山周辺地域探訪〉
次の記事オーケストラの音色に包まれて… 中学〈芸術鑑賞会〉:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団