閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「新たな一頁に決意を記せ!」@始業式.

投稿日2012/4/6

麗らかな春の陽光が降りそそぐ中、新年度がスタート。
新しいクラスが貼り出された掲示板のあたりからはしきりに歓声があがっています。
その後、それぞれに晴れやかな表情を浮かべた新2・3年生が一堂に会して始業式(中学13:00・高校15:00)が行われました。
 
 
 ~ 学校長 訓辞(中・高) より ~
 
…こうした年度初めや創立記念日といった節目にこそ、私学としての原点に思いを馳せるべきなのではないでしょうか。ぜひとも、昨年配布された名誉校長、故佐々木周二先生の随想集『私学の歳月』にあらためて目を通して欲しいと思います。そこには、本校が希求してやまない理想の青年像がうかがわれることでしょう。
 
…ところで、先の震災を通じて見え隠れしたこの国の人々に共通するところの秩序と思いやりあふれる精神性を私たちも大切に受け継いでいかねばなりません。さらに、その影響から活動が制限されるなか、そうした逆境をバネとして成果をあげた本校の先輩たちの姿をも見習って欲しいと思います。
 
…いよいよ明日、新入生が仲間入りします。それぞれに上級生として自覚ある行動を見せてください。みなさんが勉学の面でも部活動の面でも、頼りがいのある背中をもって新入生を導いてくれることを期待しています。
 
…思うに、勉強は学生時代に限らず一生続けていくべきものであります。その勉強を生かすも殺すも、一にかかって努力しだい。そうした意味からも最初が肝心です。今日は、それぞれの日記の新たな一頁に、これからはじまるこの一年の決意を表明してみましょう!
わたしから最終的にみなさんに言えること、それは「がんばれ」以外のなにものでもありません。 (了) 
 

  いよいよ明日は、入学式。
  ご覧の通り、正門脇のソメイヨシノも満開の時を迎え、
  新入生の登場を心待ちしているようでした。

前の記事全国〈選抜〉大会へ3クラブが出場します!
次の記事満開の桜に迎えられ…@入学式