閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

梅の香りにつつまれながら@中学1年〈校外学習〉.

投稿日2018/2/15


 
本格的な「春」の訪れを思わせる絶好の好天に恵まれた中学1年〈校外学習〉。
この行事は、一学期の〈久我山周辺地域探訪〉から連なる貴重なフィールドワークの場となっています。
 

            スライドショー(約4分間)
 
 
その会場である〈府中市郷土の森博物館〉は、かつて武蔵の国の要衝であったことを示す〈府中〉の「歴史」や「習俗」にはじまり、多摩川の流れがもたらした豊かな武蔵野の「自然」から「天文」(プラネタリュームは現在工事中)に至るまで、学び体験する楽しさ満載の施設です。
折しも今年は開園30周年の節目を迎え、徳川御殿にまつわる特別展示も設けられていました。
 
くわえて、この時期は「梅まつり」も開催。野外の小高い丘に広がる梅園には、紅白の各品種や、ひときわ芳しい香りを放つロウバイも花のトンネルを作り、柵越しに見渡す多摩川の川面もキラキラと輝いて、気持ちのいい早春の一日となりました。
 

 

前の記事春信
次の記事「見る」ということ