閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「幼児でしょうか? いいえ、中二です。」.

投稿日2012/2/14

現在、こうした手作りのポスターが、中学フロアーの各処に張り出されています。
 
閑静な住宅街に立つ学校として、
混み合う時間帯に電車・バスを利用して通う学生として、
ひいては、
地域の生活者として、
社会の一員として、
わたしたちは、常に最低限の気配りと思いやりを忘れてはなりません。
 
通学路や駅のホーム、さらには車内でのマナーについて
時折、学校に寄せられる苦情の数々・・・。
 
そうした現状に対して
自分たちからその身を正すべく何か出来ることはないのか!
そうした問いに中学2年男子生徒たちが出した答えがこのオリジナルポスター作りでした。
 
道徳や特活の時間を利用して
各クラスとも、少人数のグループに分かれて
あれやこれやと意見を出し合いながら知恵をしぼりました。
 
 「幼児でしょうか? いいえ、中二です。」
 
こんな自己反省の行き届いた作品から(笑)
機知に富んだ楽しいものまで
少なくとも、その前で思わず立ち止まってしまう
力作が揃いました。
・・・あまりにも自虐的で、刺激に満ちた作品だけは
  職員室内に掲げましたが・・・(笑)
 
さて、大切なのはここから。
本来、目には見えない「気持ち」や「思いやり」。
そんな人の「心」をポスターという形あるものにした以上、
あとは、それに恥じないような「行動」をとらねばなりません。
 

なぜなら、君たちは、・・・
 
  「~未来を担う 久我山生(なの)だから~」
 

 
 …それにしても、ポスターのなかでは
   「共学」そのものだなあ・・・(笑)

 
   ※ その他、作品の一部を次ページ( ↓ )に掲載いたしました。
      どうぞご覧ください。
 

前の記事2/13 高校1年「弁論大会」
次の記事学びて思はざれば則ち罔し @男子部中学1年「私が今、思うこと」