閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山 雪景色.

投稿日2008/1/23

001.JPG

すべての学園の風景が一瞬のうちに凍りついたような雪景色がようやくこの冬はじめてお目見えしました。
 
今朝から中学3年の男子は柔剣道の寒稽古が始まりました。その演出には十分すぎる寒さでした。
次いで午前中は、昨日の「高校推薦入試」の合格発表がありました。こればかりは白黒はっきりとした悲喜交々の景色でした。
 
そして迎えた昼休み・・・
 
003.JPG

さっそく始まっていました。
定番の雪合戦!
やっぱり中学1年生は無邪気だなあ!・・・と思いきや、
よくよく見ると・・・

雪はすべての人を童心に返すもののようです。
その中にはしっかり高校生の姿もありました。
みな、表情は一様に嬉嬉として束の間の白銀の世界を楽しんでいるようでした。
 
 ♪~雪やこんこ 霰やこんこ
    ふっても ふっても まだふりやまぬ
    犬はよろこび 庭かけまわり
    猫はこたつで まるくなる~♪

 
こんな日には思わず口ずさみたくなるこの歌。
歌い始めの歌詞が
「雪やこんこん 霰やこんこん」ではなく
正しくは「こんこ」〔「もっと来い(降れ)」の意〕であるとは、ご存知でしたか?
 
ところで、あなたは「犬」派?それとも「猫」派?

前の記事高校推薦入試行なわれる
次の記事〈版画〉が廊下を彩っています!