閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

大「寒稽古」に汗流す!!@男子部中学3年生.

投稿日2012/1/21




今冬一番の冷え込みとなった今日は、二十四節気の「大寒」
まさに、正真正銘の「寒稽古」となりました。
 
19日(木)から行われてきた中学3年対象の稽古も、はや最終日を迎えました。
午前7時、お互いに礼を交わして稽古の始まりです。
 
柔・剣道ともに、「受け身」や「打ち込み」などの、いわば約束された基本動作を徹底して繰り返します。そのうち、身体の火照りに比例して、掛け声も動作も次第に大きくなってきました。見れば、みるみるうちに、窓ガラスもみんなの熱気で真っ白に・・・。
 
ちなみに、 「稽古」とは、「古」(いにしえ)のことを「稽」(考える)こと。そうして今はどうすべきかを模索することでもあります。ゆえに、「稽古」をするということは決してベクトルが過去にだけ向いているのではなく、むしろ現在から近未来に向かってそれは伸びているといえましょう。
 
ひきつづき、週明けの月曜日からは、高校2年生対象の「稽古」がはじまります。
 

前の記事雪の降りたるは・・・
次の記事【お知らせ】インフルエンザと『登校許可願』について