閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

第二十四回高文連《書道展》へ4名が出品.

投稿日2011/12/23

東京都高等学校文化連盟主催の第二十四回書道展に本校から高校一年生4名が出品しています。
 
 
    東京都高等学校文化連盟

      第二十四回 書道展
       12月20日~23日
   10:00~19:00(23日16:00)

   北とぴあ 地下1F 展示ホール


 
 
ご覧の通り、いずれものびやかで堂々とした筆の運びが印象的です。これだけの大作を仕上げるのには、一字一字の練習から全体の字配り、さらに墨継ぎのタイミングといった技術的な面に加えて、一気に書き上げる集中力といった精神面の修養も不可欠でありましょう。そうしたここに至るまでのプロセスがその筆の運びの軌跡に重なるように見え隠れして、しばし魅入ってしまいました。
4名ともまだ一年生。今後の活躍がますます楽しみです。
 
 ※ 以下クリックすると拡大してご覧いただけます。

 

 

  

 

会場内には、他校の筆自慢たちの力作もところ狭しと展示されています。
その一角に、恒例となっている「ハガキ大」作品もまた発表されていました。
人と自然とのかかわりや人との絆に深く思いを巡らすこととなったこの一年。
そうした思いがうかがわれる作品が多く見られました。

 
 
  

 

前の記事「今」を精一杯生きること @第2学期終業
次の記事【速報】高校ラグビー:全国大会にて初戦を飾る