閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

着付ける、結ぶ、舞う。@辰巳流「日本舞踊」.

投稿日2017/10/3

昨日は午前の「能楽」に続き、午後には女子部高校2年生が特別講座として、日本舞踊(辰巳流)を学びました。
シリーズの第一回は、この国の「舞踊」の起源とその歴史を紐解きつつ、浴衣を利用しての着付けと帯の結び方を実際に体験しました。
  
それぞれに、家庭科で作成したいろとりどりの浴衣を身にまとい、花結びした帯を時計回りに後ろに回しこめば、立派な大和撫子の誕生です。
 

その後は、日本舞踊での扇を使ったいくつかの表現をもを見よう見まねで挑戦。 
最後は、家元辰巳久美子先生による演舞に、みなうっとり。
その美しくもあでやかな動きに目が釘付けとなっていました。
 

前の記事演劇としての能@女子部高校1年特別講座《能楽》
次の記事洗 心 @10/3 女子部中学3年特別講座〈茶道〉