閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

10/29・30 中学生が「全国」の舞台で大活躍!.

投稿日2011/12/4

  

12月最初の日曜日は、終日雲一つ無い「日本晴れ」。
純白の新雪を頂いた秀峰富士もその端正な姿を余すところなく現していました。

そんな富士山にあやかり、10月末から今日までの間に「日本一」の頂を目指して健闘した「部活動」の 様子を遅ればせながらご紹介したいと思います。
(※取材かなわず、「画像」や「動画」はありませんが何卒ご容赦のほど・・・)

 

まずは、10月29日(土)・30日(日)の両日にわたり大活躍した中学生たちから・・・

 

◆ 中学陸上競技部(個人) 小池 真郁 君(中2)
   《第42回ジュニアオリンピック:JAAF・日本陸上競技連盟主催》 ← 詳細はクリック
    男子B(中2)100m 銅メダル獲得(全国第3位) 記録:11秒37

中学陸上部として創部初の「全国大会」出場者となった小池君。
予選では11秒61(同組1着)と今ひとつ記録が伸びなかったものの、準決勝で11秒34と一気に挽回して見事にファイナリストとなりました。
未完の大器はまだ2年生。今後の伸長が大いに期待されます。

 

◆ 中学音楽部 女声合唱
   《第64回全日本合唱コンクール全国大会:全日本合唱連盟主催》 ← 詳細はクリック
    中学同声合唱の部 金賞受賞 本選出場22校中8校が金賞

過去、07、08年に出場し、今回で3回目の「全国」のステージとなりました。
結果は今年も連続して堂々の「金賞」受賞。わずか25名と少人数にもかかわらず「大きな声量でのびのびと楽しそうに歌い、客席から大きな拍手が送られた」(10月31日朝刊より)とのこと。 その歌声はすっかり「全国」の常連となりました。

前の記事10/23 《佐々木周二先生を偲ぶ会》より
次の記事11/12・13 「蹴球」2クラブが「全国」へ!