閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

【お知らせ】11/5父母の会主催「講演会」 講師:平岩弓枝先生.

投稿日2011/10/11

これまでにも、著名な方々をお招きしてきた「父母の会」主催「講演会」
今年は、小説をはじめテレビの脚本や舞台の演出など、幅広い分野でご活躍の作家、平岩弓枝先生をお迎えすることになりました。
 
聴講をご希望の方は、近日中にご子女を通じて配布される「ご案内」に添えられた「出席票」を所定の期日(10/15)までにご提出ください。
 
 ★ 平成23年度 父母の会主催 講演会
   日時 : 平成23年11月5日(土) 14:00~(約90分間)
                      (開場 13:30)
   場所 : 本校内 第一体育館
   演題 : 「私の作家人生」
   講師 : 平岩 弓枝

 

☆ 平岩弓枝先生 プロフィール (「配布プリント」より)
生家は古代住居跡や明治神宮の氏神などで知られる代々木八幡宮。大学卒業後、作家を志し、作家戸川幸夫、長谷川伸氏のもとで小説・戯曲を学ぶ。27歳で、小説「鏨師(タガネシ)」にて第41回直木賞受賞(戦後、最年少での受賞)。以来、今日まで小説・戯曲・テレビ脚本・舞台演出など幅広い分野で活躍。主な作品は、小説「女の顔」「下町の女」「風子」「色のない地図」「御宿(オンヤド)かわせみ」「花影の花」、TV脚本「旅路」「女と味噌汁」「肝っ玉かあさん」「ありがとう」、戯曲「明治の女」「春雷」「お市と三姉妹」「三味線お千代」「真夜中の招待状など。とりわけ、テレビドラマでは別名“30パーセント作家”と呼ばれ高い人気を博す。1979年、多年にわたる放送文化への功績により、第30回NHK放送文化賞を受賞。1987年菊田一夫演劇賞、1991年吉川英治文学賞を受賞。1997年には紫綬褒章受賞。1998人には菊池寛賞受賞、2004年文化功労者顕彰、2008年毎日日芸術賞受賞。

前の記事【動画】 10/8 中学体育祭
次の記事自らすすんで行動しよう@中学朝礼