閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「猛暑」中お見舞い申し上げます.

投稿日2017/8/9

ワンダーフォーゲル部の夏山合宿報告第二弾。

本日は、台風一過の好天に恵まれ、全員無事に穂高連峰の最高峰(国内第三位)である奥穂高岳(3190m)のピークに立つことができました。

この雲上の絶景に、これまでの苦労が一気に吹き飛ぶようでした。

さて、UKでの語学研修も終盤戦、また高校3年文系の御岳講習も折り返しにさしかかりました。

「山登り」の真髄は「下り」にあり。

何事も最後まで集中力を切らすことなくやり遂げたいものです。   

      ~防寒着必須の 穂高 涸沢圏谷(カール)にて~

 

前の記事嵐の前の「静けさ」
次の記事「山」からの「便り」〜その1〜 @男子部中学2年〈第1班〉自然体験教室