閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「悔しさ」をバネに!@第二学期始業.

投稿日2011/9/1

「(わずか0秒12差で負けたことで)たいへん悔しい思いをしましたが、これもいい経験となりました。」 (高校男子陸上競技部 U君 ※関連記事→こちら
 
「悔しい思いは残りましたが、これもいろんな人が背中を押してくれた結果です。どうもありがとうございました。」 (高校囲碁将棋部 Nさん ※関連記事→こちら
 
 
第二学期の始業を告げる全校朝礼にて、
この夏「全国」の舞台で「準優勝」と大健闘した二人が
その報告のあいさつの中で、奇しくも共通して「悔しさ」を口にしました。
 
何事も、その後の「糧」や「バネ」となるのは、
「うれしさ」や「よろこび」よりも
どちらかというと
「悔しさ」や「悲しみ」といった
負の感情の方が多いような気がします。
 
その証拠に、
すでにU君はこの結果を「いい経験」ととらえ、
一方、Nさんも決して奢ることなく周囲への「感謝の気持ち」をあらわしています。
 
さて、みなさんの「夏休み」はどうでしたか?
計画通りに事が運ばなかった諸君も、
この二人の姿勢を見習って、
前向きに学校生活をスタートさせましょう!
 
なお、中学3年生が本日より
北海道での自然体験教室に出発しました。
また、中学2年生の男子も明日から
尾瀬での同教室に出かけます。
ともに、台風12号の影響が懸念されますが、
これまた、「辛さ」や「苦しみ」を肥やしとして
例年にもまさる成果をあげたいところです。

前の記事稲穂が出はじめました!
次の記事丸沼便り1@中2男子自然体験教室