閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「徹底」・「一体感」@男子部高校1年〈研修会〉第1日.

投稿日2017/5/23


 
今年も伝統の高校1年〈研修会〉の季節がやってきました。
 終日秀峰富士の雄姿に見守られながら、今年で開所58年目を迎えた御殿場「国立中央青少年交流の家」での3泊4日の研修が始まりました。
 男子部では一昨年から「原点回帰」をテーマに、より自己の啓発に努めることに。
 
 そのプログラムとして「富士山(二ツ塚)強歩30km超」のみならず、徹底した集団行動に加え、夜の研修では、故佐々木周二名誉校長の随想録『私学の歳月』を熟読し、私学久我山の精神性にふれる機会をもつこと徹しています。
 
なお、今年の男子部高校1年の学年としてのテーマは、「徹底」(挨拶の…・五分前集合の…)と「一体感」
さっそく、その実現に向け、クラスそして学年がひとつになって真剣に取り組む姿が所内のそこかしこに見られた初日でした。
 

前の記事好きこそ…@高校陸上競技部:都大会5000m決勝
次の記事クラスの垣根を越えて…@男子部高校1年〈研修会〉第2日