閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

暑い、熱い 闘い と…その陰で….

投稿日2011/7/11

この週末、いよいよ梅雨明けが報じられるなか、
「久我山健児」たちが各地で
そんな真夏の太陽にも劣らぬほどの、実に「アツイ」闘いぶりを見せてくれ・・・た・・・ようです。
 
 
◆国外編:高校陸上競技部 打越雄允君
       第7回 世界ユース陸上競技選手権大会 (フランス:リール)
 
 ・・・7日の予選を突破し、
   「世界のファイナリスト」として臨んだ
   世界ユース「3000m」決勝。
   予選でたたき出したPB(自己ベスト)を、
   さらに約4秒も縮めた「8分14秒91」で
   堂々「世界のTOP10」入りを果たしました!
   この貴重な経験を目前に迫った「インターハイ」をはじめ、
   今後の競技生活に十二分に生かしてほしいと思います!
       ※ 詳細は こちら 〈大会公式サイト〉より
 
 
◆国内編:高校野球部
       第93回全国高等学校野球選手権大会 西東京大会 
       第1回戦 対 聖パウロ学園 (多摩市一本杉球場)
 
 ・・・緊張の初戦、それでも順調に得点を重ね
   4-0とリードしたものの終盤8回に追いつかれ、
   とうとう逆転を許して4-6のまま最終回へ。
   アウトカウントも一つとなって絶体絶命のなか、
   ここからあの「センバツ」を彷彿とさせる粘りをみせ
   見事に逆転勝利をおさめることができました!
   この最後まであきらめない姿勢を大切にして、
   次戦以降も精一杯がんばってほしいと思います!
      ※ 詳細は こちら 〈大会公式サイト〉より 
 
 
ところで、こんな「アツイ」たたかいの場に不在だったらしい
執筆者は、はたしていずこへ・・・?
 
  ↓  (次ページへ)

 
imgp7621.JPG imgp7646.JPG imgp7648.JPG imgp7650.JPG
尾瀬沼:沼尻にて     アヤメ平から燧ヶ岳    アヤメ平から至仏山   富士見田代の逆さ燧 
 
imgp7655.JPG imgp7656.JPG imgp7659.JPG imgp7664.JPG
尾瀬ヶ原に雨のカーテン迫り来る     左から ニッコウキスゲ・カキツバタ・ワタスゲの群落 
 
 
申し訳ございません!(笑)
 
猛暑の下界を尻目に、
しかも、いまだ試験中の生徒諸君を置いて、
標高2000mに近い高層湿原の広がる
はるかな「尾瀬」にて、
数名の先生方と
涼味を欲しいままにしていました!
 
なお、ちなみにこのたびの山行は、
9月に行われる「自然体験教室」の実地踏査ですので
・・・あしからず。(笑)  
 
最後に、せめてもの罪滅ぼしの印に、
「日本一」、いや「世界一」「最小」ともいわれる
真っ赤な「八丁蜻蛉(ハッチョウトンボ)」を
カメラにおさめることが出来ましたので、
どうぞご覧あれ!
 
 imgp7661.JPG
  ハッチョウトンボ (成虫:雄) 
   ※ 体長はなんと10円玉よりも小さいのです!
         ~ 尾瀬ヶ原 中田代 付近 にて ~
 

 
      

前の記事「甲子園」への道   2011夏
次の記事【お知らせ】 試験休み~《夏休み》~9月初旬 予定