閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「夏至」れり.

投稿日2011/6/22

imgp7485.JPG

「真夏日」となりました。
そうなると、いよいよまってましたとばかり
螺旋型した小花が咲き始めます。
 
今年も、暦より正確に
前庭の芝の間から
夏の到来を告げています。
 
  みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに
  みだれそめにし われならなくに
 
「もぢずり」の異名をもつ「捩花」(ねじばな)です。
 
ただし、上から目線では見出すことができません。(笑)
あくまで謙虚に、身をかがめるように同じ目線に立つことで
一面にその群れ咲く様子を目の当たりにすることができます。
 
身を捩るようにして、その先端まで咲きそろう頃には、「梅雨明け」すると言われています。
 
しばし、この蒸し暑さがつづくようです。
くれぐれも熱中症にご注意を!

前の記事【お知らせ】 6/24 音楽部《第36回定期演奏会》
次の記事夏のインターハイ目指して! 高校サッカー部&高校男子バスケットボール部