閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

今年の《久我山祭》テーマ発表!@全校朝礼.

投稿日2011/6/13

imgp7379.JPG

モニターによる「全校朝礼」にて
高校実行委員長、Y.M君より、
今秋の《久我山祭》テーマが発表されました。
 
    「 3D 」
 
文字通り、飛び出す「3D」。
その意味するところは・・・ 
 
imgp7381.JPG 
 
また、「3」つの「D」から連想できるものは・・・
 
imgp7382.JPG
 
・・・だそうです。
 
 
元来「3D」とは「3次元」(three dimensions)のこと。
したがって、「3次元的物理空間」とは、「幅」・「奥行き」・「高さ」の各方向に自由度をもつ「宇宙」空間のようなもの。
 
「久我山祭」という「小宇宙」もまた、展示や催しの「幅」を広げ、「奥行き」のある内容に富んだ、水準の「高い」久我山文化を内外に示す大切な場といえましょう。
 
 
ところで、生徒会の諸君。
そうなると、今年の久我山祭では、来校者のみなさんに専用の「3Dメガネ」を配ることになるのかな?(笑)

前の記事「関東一」をかけて《兄弟》対決!@高校ラグビー
次の記事能楽講座 第1回「能楽の歴史」:6/13 女子部高校1年特別講座