閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

高校サッカー部 都大会準決勝 vs帝京高校.

投稿日2011/5/4

この連休中、いくつかのクラブが各地で熱戦を繰り広げました。
その中でも、高校サッカー部が臨んだ都大会準決勝は、最後まで手に汗握る好ゲームでした。
 
  imgp6916.JPG

新チームになって初の公式戦。
順調に勝ち進み、この日のゲームは、関東大会(新人戦)への出場がかかった重要な一戦。対戦相手は強豪帝京高校でした。
 
プレッシャーもあったからなのか、立ち上がりからなかなか自分たちのペースに乗り切れないまま、前半には3点も献上。
しかし、後半にはいってからは持ち前のパスサッカーを展開、好機をものにし、終了間際のロスタイムには起死回生のシュートがゴールネットを揺らしとうとう同点に追いつきました。
 
迎えた延長戦は一進一退の攻防がつづき、互いに得点をあげられないまま勝敗はPK戦にもちこまれました。
結果は、3-3(2-PK-4)で惜敗。
しかし、両チームが見せた最後まであきらめないたたかいぶりは観るものに熱い感動を与えてくれました。
 
   imgp6919.JPG

久我山イレブンにとって、この一戦の苦い経験が、次に控える夏のインターハイや、冬の選手権に向けて生かされることを願いつつ初夏のさわやかな風が渡るグランドを後にしました。 
  
 

前の記事中学1年 〈校内写生会〉
次の記事視野を広げてみよう!@中学特別授業あれこれ