閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「慈悲」の花、咲く。.

投稿日2011/4/25

imgp6806.JPG
          雌 花

週明けの今日、明るい日射しを浴びて
今年も前庭の「松」がいま「花盛り」のときを迎えています。
 
     imgp6797.JPG
          雄 花
 
その花言葉は、「慈悲」。
仏教で、「慈」とは「相手の幸福を願う心」、
一方、「悲」は「相手の苦しみを取り除いてあげたいと思う心」。
 
折しも、この週末の土日、
久我山駅内コンコースにて行われた
第82回「あしなが学生募金」の街頭募金に
生徒会の有志らがボランティアとして参加しました。
 
毎年、春と秋の4日間、全国約200箇所で活動している「あしなが学生募金」。
40年間にわたり続けられてきた募金も、このたびの82回は
その全額を「東日本大震災」における
「東日本大地震・津波遺児への緊急一時金と心のケアの資金」へ。
 
まさに学生たちの「慈悲」の心がその活動を支えています。
 
 
ちなみに「松」の花言葉は、ほかに・・・ 
「不老長寿」・「向上心」・「永遠の若さ」・「勇敢」。
 
そんな前向きな「松」に勇気をもらって、
今日は「高校生徒総会」
正式入部となる「部活動ミーティング」が行われ、
学内の活動も活発に始動し始めました。 

 

前の記事過去に学ぶということ@中学生徒総会
次の記事  『雲 隠』