閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「友情」の花を咲かせよう!.

投稿日2011/4/14

imgp6731.JPG

「常緑山法師」の花芽です。
 
一見、枯れてしまったのかと心配になるところですが、
実は、朝晩の冷え込みから身を守るために
こうして葉そのものが身を縮こまらせては赤みを帯びているのだとか。
ちょうど、北国の子らのほっぺのようでもあります。
 
imgp6736.JPG 文科会館横の植え込みにて

この「ミズキ科」に属する「常緑山法師」は、
今年の2月、その名からもわかるように、
山好きな卒業生たちのOB会である
「久我山 山友会」から寄贈されたもの。
 
初夏のころには、おそらくこの花芽から
白い頭巾をかぶった法師のような花が次々に開いては
木全体を覆うことでありましょう。
 
花言葉は「友情」
 
新しい仲間とともに
スタートを切った新生活。
放課後の部活動でも
初々しい新入部員たちの姿が目立ち始めました。
 
この花が咲き誇る頃には、
学内のいたるところで
新たな「友情」が築かれていますように・・・。

前の記事草青みたり
次の記事2010年度 中学3年 『修学論文』 優秀作品 展示中