閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

甲子園.

投稿日2011/3/18

みなさんはご存知だろうか。
 
その「大運動場」が西宮に産声を上げたのは
大正13年の真夏、8月1日だったことを。
 
その年は、六十年に一度めぐり来る
干支の第一番目、
甲(きのえ)と子(ね)の組み合わせであったことを。
 
そして、
その前年、大正12年の
9月1日午前11時58分32秒、
関東地方が未曾有の震災に見舞われたことを。
 
そうしたなか、
壊滅的な打撃を受けたこの国で
その逆境から再出発するべく、
東洋で最初の球場、
甲子園が誕生したという事実を。
 
 
そして時は流れ
今日、
あの大地震から
一週間が経ちました。
 
            ~ センバツ開催の報にふれて ~

前の記事がんばりましょう、日本。
次の記事「稲むらの火」@平成22年度中学・高校合同修了式