閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「何の志も無きところに ぐずぐずして日を送るは 実に大馬鹿者なり」坂本龍馬  男子部高校2年《修学旅行》第4日〈長崎班別行動〉.

投稿日2017/3/12

  

 
 
京都から一路、男子部の修学旅行の舞台、九州は長崎へ。
 
その前夜、「3.11」の夜景は、当たり前の暮らしがどれほど幸せなことかを物語っているような美しさでした。
そして、明けて今日一日、汗ばむような陽気の中、「原爆資料館」を起点にそれぞれの計画通り、班ごとに市内各所に出かけて行きました。
実際に、足を運び、自分の目で耳で確かめてはじめて見えてくるものがあります。
カメラに収まったその笑顔の裏側には、この国の歴史と今なお長崎がもの語る教訓がしっかりと刻まれたものと確信して止みません。
 
次代を担う平成の龍馬たちの前途に栄光あらんことを…
 
 

 〜稲佐山山頂にて 3.11〜
 

 〜原爆資料館・平和祈念像・平和公園他〜
 

 〜如己堂・浦上天主堂・山王神社鳥居・二十六聖人殉教碑他〜
 

 〜風頭公園・亀山社中〜
 

 〜眼鏡橋・思案橋・中華街他〜
 

 〜オランダ坂・出島他〜
 

 〜大浦天主堂・グラバー園〜
 

前の記事「ようこそ おこしやす」 女子部高校2年《修学旅行》第4日〈京都班別行動〉
次の記事〜小さな幸せ〜 付:年度末(3月)~新年度(4月)行事予定