閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

白銀に舞う 12/27《スキー教室》第2日 @妙高高原 池の平温泉スキー場.

投稿日2010/12/27

h221227yyu-33.JPGh221227yyu-3.JPG

    → デジブック(アルバム) 33枚は こちらをクリック (Windows対応)
 
 
 
ほんの一週間前までは、10cmに満たず
実施も危ぶまれていた《スキー教室》でしたが、
参加者の日頃のおこないがよろしいからか、
サンタさんがこの上ない新雪のプレゼントを
運んで来てくれました。
 
ということで、中学2年生から高校2年生までの希望者153名
歓声が響き渡る妙高の雪原へ陣中見舞いに出かけてきました。
 
当のゲレンデは、降り積もったばかりの新雪がふかふかとして
初心者にもやさしい演出をしてくれたおかげで、怪我人も病人も、
そして迷子になる者もなく、まじめにインストラクターの指導を受けていました。
 
「いやあ、本当に呑み込みが早いですよ。それにまじめに取り組んでくれるのがなによりうれしいですね」
スクールのあるインストラクターの方からこんなお褒めの言葉を頂戴しました。
 
h221227yyu-32.JPG h221227yyu-27.JPG

スキーの技術向上もさることながら、
学校を離れたところでの友達と過ごす時間が
なによりの思い出となったことでしょう。
 
  プルーク(ボーゲン)の中に 未来が見える
    … 何事も基礎・基本が大切ですね
 
  寄り添う内足 内助の功
    … 友達との関係もちょうどスキーの両足のようでありたいですね

前の記事【動画】高校バスケットボール部 winter cup 2回戦vs桜宮高校
次の記事【速報】第90回全国高校ラグビー 1回戦vs北条