閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「原点にもどって」 @第2学期 終業式.

投稿日2010/12/20

本日は第2学期の最終日。
中高とも各教室のモニターを通じて「終業式」に臨みました。
 
◆ 高校《読書感想文コンクール》 選考結果 発表
 残念ながら、「優秀作」については該当なしとのこと。
 担当のS先生(国語科)の講評より・・・
 「日頃から積極的に〈久我山の文庫・新書100冊〉を活用して欲しい」。
 その後、各学年から2名ずつ選出された「佳作」の受賞者を代表して、
 高校3年I君〔『破戒』〕Iさん〔『自由論』を読んで〕が表彰されました。
   imgp5643.JPG imgp5645.JPG
 
◆ 《全国大会》 出場クラブ 壮行会
 この冬休みに晴れて《全国》の舞台に立つ2クラブの部長から
 決意表明がなされました。
 □ 高校ラグビー部 O君
   「ひとつでも上を目指して頑張りたい」
 □ 高校男子バスケットボール部 N君
   「(夏の)インターハイの雪辱を晴らしたい」
 それを受け、在校生を代表して生徒会長M君からは・・・
   「努力してきた成果を存分に発揮してほしい」
 
◆ 《全国書道コンクール》 全国3位表彰
 過日、このブログ上でもご紹介した
 《全国書道コンクール》にて、見事「全国3位」に選出された
 中学3年生Aさんが部に対する「団体賞」も合わせて表彰されました。
     imgp5646.JPG  
 
◆ 《久我山祭》 各賞発表
 10月2・3日に行われた「久我山祭」
 『久我山大賞』については惜しくもおあずけとなりました。
 担当のO先生より・・・
 「テーマと一線を画した展示や催しが
 見られたのは今後の課題としなければならないが、
 二年ぶりというハンデを感じさせない
 充実した秋の祭典でした。」
 その後、各賞の受賞団体を代表して、
 『大賞』に次ぐ「最優秀賞」の栄誉に輝いた・・・
  □ 高校男子1-1 「GHOST HOUSE」
  □ 高校女子1-4 「華のお江戸へいらっしゃい」
 の2団体が表彰されました。
  imgp5651.JPG imgp5652.JPG

 ※その他の受賞団体は以下の通り
 
  〈優秀賞〉 3団体
   □ 高校女子2-1 「駄菓子屋ガールズ」
   □ 中学3年男女 「北海道自然体験教室+α」
   □ 物理部
  〈奨励賞〉 6団体
   □ 高校女子2-3 「アイスクリームジュース始めました」
   □ 吹奏楽部
   □ サッカー部 「ミニゲーム」
   □ 高校男子1-3 「怒・恐・遊」
   □ 箏曲部
   □ 高校音楽部
 
◆ 《全国高校生英作文コンテスト》 入選発表
  高校生全員が夏期課題として取り組み応募した《英作文コンテスト》
  その結果、本校では以下の2名が入選を果たし、表彰されました。
   高校1年の部     男子1-6 S.W君
               imgp5655.JPG
   高校2・3年の部  男子2-3 M.A君
               imgp5657.JPG
 
************************************
 
以上の各種表彰につづき、男女各部に分かれて
それぞれの部長先生から講話がありました。
 
男子部のS先生からは・・・
 
・・・この2学期をふりかえってみるとき、どうしても「中だるみ」と「気概のなさ」を感じるところです。こうしたときこそ、あらためて「原点」に立ち返ることが必要なのではないでしょうか。
私学久我山の原点は、とりもなおさず創立者が掲げた『学園三箴』にうたわれているところの精神です。
  「忠君孝親」 「明朗剛健」 「研学練能」
皆さんが日々目にすることのできる各教室に掲げられている『実践目標』は、この三つの箴言を具体化したものなのです。
  「規律を守り誇りと勇気をもって責任を果たそう」
  「互いに感謝の心を抱き明るいきずなを作ろう」
  「たゆまざる努力に自らを鍛えたくましく生きよう」
ここにいう「責任」や「感謝」、そして「努力」といったものを遂行するには、
「頭の力」「体の力」、そして「心の力」の三つがバランスよく具わっていなければなりません。
「心の力」は、読書などを通じて、「体の力」は、明るい挨拶を交わすことから、そして「頭の力」は、平素から自力で積み上げる学習習慣により育まれていくものと思います。
新たな年、2011年が諸君にとって飛躍の年となりますよう。
とりわけ高校3年の諸君のがんばりと、全国大会に出場する部員たちの健闘を祈ります。・・・

前の記事ふたたび、遠望。
次の記事【速報】高校男子バスケットボール部 winter cup 2010 1回戦