閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

見直しが肝心! 〈答案返却日〉.

投稿日2010/12/16

imgp5601.JPG imgp5608.JPG

目をつむり祈るような面持ちで答案を受け取る者。
赤ペン片手に食い入るように模範解答と見比べる者。
 
試験直後の手応えからある程度結果は予測出来ていたはずとはいえ、やはり赤い数字が大書された答案を手にするまではリアリティに欠けるのでしょうか。今日はどの教室でも一喜一憂する姿が目立ちました。
 
そんな折、ラグビーの試合直後に見られるあるシーンを思い出しました。
もちろん他のスポーツでもそうでしょうが、とりわけラグビーの場合、それは顕著に見られるのです。
 
ノーサイドのホイッスルとともにまさに互いの健闘をたたえ合ってのち、自陣にもどり円陣を組みながら今終えたばかりのゲームを振り返ります。観客席への挨拶よりも、クールダウンのストレッチよりも、いまだ火照ったままの身体、痛みの癒えぬ身体を携えて、闘いの記憶を辿るように「修正点」を探っているのです。負け組はもちろん、勝ち組とて同じこと・・・次の試合のために・・・同じ失敗を繰り返さないためにも・・・。
 
本日、〈答案返却日〉。
この日の過ごし方によって、「3学期」の、いや「学年末」が決まるといっても過言ではありません。

前の記事果報は・・・
次の記事遠望