閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ハナニアラシノタトヘモアルゾ・・・ @中二女子 「華道」実習.

投稿日2010/12/3

今回の「華道」実習は、各クラス4グループに分かれ、赤・白・桃・黄の4色を基調とする共同制作に挑戦しました。
どのクラスも、彩り鮮やかに集められたたくさんの花々と、それ以上に、にぎやかな乙女たちが花器の上で交じり合い踊っているように見えました。(笑)
 imgp5469.JPGimgp5471.JPGimgp5475.JPGimgp5478.JPG
 imgp5479.JPGimgp5481.JPGimgp5482.JPG
ところで、今日一日の天気は異常なまでの荒れようでした。朝方の局地的な豪雨に加え終日吹き付ける強風にたまらず落ち葉がさかんに宙を舞っていました。
 
imgp5484.JPGimgp5485.JPG
  
「花」 
と 「嵐」 といえば・・・
  
思い出されるのは、次のような漢詩の一節です。
 
    勧 酒    于武陵
     
  花発多風雨 (花ひらいて風雨多し)
  人生足別離 (人生別離に足る)
 
同時に、井伏鱒二の訳詩もまた・・・
 
  ハナニアラシノタトヘモアルゾ
  「サヨナラ」ダケガ人生ダ
 
いつか来る花との別れ、
人との別れを思うとき、
そうであるならばなおのこと、
「今」この瞬間を
愛おしく大切にしていきたいものです。

前の記事【この一冊】 『人間の器量』 福田和也 新潮新書
次の記事入試直前講座@調布グリーンホール