閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ゼブラカット.

投稿日2010/10/26

imgp4859.JPG

今夜から明日にかけては、12月を思わせる真冬並の寒気につつまれるようです。
こうして秋も深まり次第にケヤキの葉も色づき始めた今日このごろ、前庭の模様がくっきりと浮かび上がってきました。
 
思えば、久我山祭に向けての秋口のころ。
校務員さんたちが、夏の間にのび切った芝を刈る際、どうせならということで、メジャーのグランドやサッカースタジアム、さらにはゴルフコースのフェアウェイを模して「ゼブラカット」に挑戦してみました。
 
本当は、「KUGAYAMA」の文字を刈り込むプランもあったそうですが、さすがに難しかったようで断念。
それでも、植え込みの松をサークルで囲んでみせるなど、遊び心たっぷりの「久我山庭園」を見事に表現して例年にはない趣を醸し出しています。(笑)
 
それに比べてグランドは、人工芝ゆえに淡泊な緑一色。
ちなみに明日は、週末の中学体育祭に向けての「予行演習」が行われます。
その芝を勝負の「白黒」ではっきりさせるのは
ほかでもない、躍動する生徒諸君の姿にほかなりません。
 
「はちまき」、「ゼッケン」、「お弁当(飲み物)」。
それに加えて「防寒対策」もお忘れなく!

前の記事〈法と法学について〉 中2・3特別授業
次の記事中学体育祭 予行演習