閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

久我山祭のシンボル、立つ。.

投稿日2010/9/21

《久我山祭》(10/2・3)を象徴する
シンボリックなアーチ
久しぶりに姿を現しました。
 
imgp4399.JPG

この夏、うだるような猛暑の中、
美術部と久我山祭実行委員らが
力を合わせて製作してきました。
 
代々、このアーチを担当した
先輩たちのサインが一部残された
角材の骨組みに、立体感あふれる
重厚なデザインが描かれたベニヤが
一枚一枚張られていきます。
 
imgp4405.JPGimgp4401.JPGimgp4402.JPG

西に大きく傾いた太陽が
あたかもオリンポスの聖火を生み出すがごとく
燃えるような光を放って
そのアーチを照らしています。
 
imgp4400.JPG

慣れない大工仕事ではありましたが、
互いに声を掛け合いながら
日没までにようやく半面を仕上げました。
 
はたして全容はいかに・・・?
それは本番当日のお楽しみといたしましょう。
 
乞うご期待!

前の記事秋天の贈り物
次の記事名月、明月、・・・迷月?