閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

柿の実 みのる通学路.

投稿日2007/10/15

h191015-005.jpg

高校2年生のLHR(ロングホームルーム)は、
《薬物乱用の恐怖》について
高井戸警察署のスクールカウンセラーの方にご来校たまわり
その実態等をビデオ上映も含め、ご指導いただきました。
 
ほんの少しのつもりが・・・。
わずか1回だけのはずが・・・。
 
これが、転落への第一歩であって、
それを自分自身でくい止めるためにも
甘い誘惑には絶対のらない強い意志が必要となります。
 
甘い誘惑・・・

少々強引な展開ではありますが・・・
話は変わって、学校に程近い通学路のこと。
ふと昼過ぎに校舎の窓から何気なく通りを見下ろしていたら
すぐさま、目に飛び込んできたものがあります。
 
h191015-003.jpgh191015-004.jpg

それは、旬の味覚!
「柿」の実がたわわに実っているではありませんか!
しかも、それは校舎に程近い通学路の脇。
 
この世の中、
ふだん、見ているようで実は見えていないものがいかに多いことか!
 
さて、この柿の実ですが、
甘い物が乏しかった時代には貴重な果実であったため、
この国では、昔から呪術や俗信も多く伝えられています。
 
 お化けも実は柳の下より柿の木の下にあらわれる。
 柿の木から落ちると3年以内に重篤な病にかかる。
 柿の木をゆすってしまうと翌年は実がならない。

                             などなど。
 
h191015-001.jpgh191015-002.jpg

 
やはり、「甘い誘い」には安易にのらない方がよさそうです。
ご用心あれ。

前の記事高校入試の『国語』に「古典」が!
次の記事ある日の『学級日誌』