閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「高い理想」を抱き「輝く前途」に向け「躍動」する姿は「美」しい…@男子部中学全学年書初め展.

投稿日2017/1/13

fullsizeoutput_19e fullsizeoutput_19b fullsizeoutput_18f
 
現在、中学生の教室の廊下には、全員の書初め作品が展示されています。
 
 高い理想
 輝く前途
 躍動の美
 ・・・・・・・・
 
そのどれも、意味するところがとても立派過ぎて、書くこと以前に気圧されてしまいそうな課題の文句ばかりですが、そんな心配もよそに、若者たちは実に堂々とした筆運びを見せてくれています。
 
 「書は心の鏡」とも。
 
目に映ずる作品を通じて、その書き手各々の今の「心」を垣間見ることができそうです。
 
 
  
……まずは、芸術科の先生方によって選ばれた男子部の生徒たちの「特選」・「金賞」の作品から……
 
fullsizeoutput_19c fullsizeoutput_19d fullsizeoutput_19f fullsizeoutput_1a0 fullsizeoutput_19a fullsizeoutput_199 fullsizeoutput_198 fullsizeoutput_197 fullsizeoutput_194 fullsizeoutput_193 fullsizeoutput_195 fullsizeoutput_196 fullsizeoutput_191

前の記事今週末は「大学入試センター試験」
次の記事久闊を叙す@同窓会「久我山会」新年交歓パーティー