閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中学《芸術鑑賞会》.

投稿日2010/6/29

imgp3568.JPGimgp3570.JPG

今年の《芸術鑑賞会》は、「わらび座」ミュージカル。
その演目は、あの手塚治虫「鉄腕アトム」を原案としたヒューマンドラマでした。
 
ycyeya.jpg
    ↑ 「わらび座」 「アトム」特設サイトへはクリックしてお入りください
 
人間対ロボット、そして人間同士も、
さらに国と国、弱者と強者、地位、権力、民族・・・
そこに明確な「境界線」を引いては
自分の帰属する側を保守しようとしてしまうのは、
残念ながらその人の「こころ」にほかならないようです。
 
しかし、同時に、その「境界線」を解消しつつ
互いに紡ぎ合うことを実現するのもまた、
「愛情」という名の「こころ」であることを
この舞台は教えてくれました。
 
そのことは、かつて手塚治虫が、
人間にはかけがえのない賢さがある反面、
目を背けたくなるほどの愚かさも認めざるを得ないと
数々のアニメ作品のなかで示唆し続けていたことに通じています。
 
なにはともあれ、生徒諸君も
めまぐるしく展開される歌と踊りのステージから
ミュージカルのおもしろさを味わうことができたのではないでしょうか。

前の記事梅雨空に競い合う。  高校《体育祭》
次の記事【お知らせ】 7/7-12 第一学期 期末試験 時間割