閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「梅雨明け」 間近?  《高校体育祭 予選会》.

投稿日2010/6/24

imgp3471.JPG

今年も、にわかに前庭の芝生が賑やかになってきました。
 
  「捩 花」 (ねじばな)。
  「もぢずり」とも。
 
    みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに
    みだれそめにしわれならなくに

                 (小倉百人一首)
 
「わたしの心がこれほどまでに乱れ初めているのは、わたし自身のせいではありません。
すべてはあなたという人がいたから・・・」
 
こうした、身も心もよじれるような恋、そんな熱い季節の到来を感じさせる花です。
実際のところ、螺旋形した花がその頂点まで咲き揃うころに、ちょうど「梅雨明け」となるといわれています。
 
imgp3481.JPG imgp3477.JPG
 
折しも、今日は「高校体育祭」「予選会」がグランドで行われ、なかでも本選での決勝進出をかけた種目や集団演技などでは、本番さながらの熱い演技が繰り広げられていました。
 
はたして
「本選」(29日)は・・・
 
「捩花」の咲き具合から推して
夏「本番」の
あつい、アツイ、
祭典となるのでしょうか。
 
imgp3483.JPG imgp3487.JPG

前の記事【お知らせ】 8/18・19 《はじめてのクラシック ~中学生・高校生のために~ 》
次の記事『旅人 桜井進 の旅日記』