閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

夏至の祝火 ーーー 《お知らせ》6/26音楽部定演.

投稿日2010/6/21

暦の上で、日中の時間が最も長い「夏至」を迎えました。
 
朝早くからグランドでは、常連組の中学生に混じって
間近に迫った体育祭に向け、高校生の女子生徒が集団競技の練習をする光景が目立ち始めました。
 (高校 体育祭  6月29日)
 
ところで、「夏至」といえば、ヨーロッパでは19世紀中頃まで「夏至祭り」が各地で繰り広げられていました。
その日、人々は、盛大な祝火を焚いて太陽に力を加え、悪霊を祓って耕地の繁栄を祈りました。
そして、その立ち上る煙によって収穫を占ったり、残り火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくし幸運を呼び込んだのです。
 
そんな祝火のような朗報が、週明けの今日、続々と届けられました。
 
中学ラグビー部が関東大会で第3位に入賞したかと思えば、
中学サッカー部も杉並区でチャンピオンとなり、都大会進出が見えてきました。
また、兄貴分の高校サッカー部もインターハイ出場まであと1に迫る勢いです。
さらに、高校バスケット部も4校中3校がインターハイ出場を獲得できる決勝リーグに進出しました。
そして、一足早く高校陸上競技部では2選手が見事にインターハイ出場を決めました。
 
こうした余勢をかって・・・
 
今週末の26日(土)、
いよいよ音楽部(中高)定期演奏会が開催されます。
 (詳細は、下の『ちらし』を参照してください。)
積み上げて35回の節目となる公演です。
ぜひ、幸運を呼び込む息のあったハーモニーをお聴きに会場にお越しください。
 
img171.jpg

前の記事【速報】女子部中学2年《自然体験教室》 第2日(?)&第3日!
次の記事【アルバム】 中2女子自然体験教室 《尾瀬花日記》他