閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「雨中」閑話.

投稿日2010/6/9

imgp3155.JPGimgp3157.JPG

やはりこの花には雨がよく似合います。
今年もその時季を知ってか、錬成館前の植え込みの中で雨垂れを全身で受け止めては、その花園をめいいっぱい膨らませていました。
 
紫陽花といえば、鎌倉は明月院のゆるやかな参詣の路が有名ですが、一見その花のように見えるのは、正確には「萼」(がく)。
本当の花は、その中心にある小さな部分です。
 
imgp3158.JPG

ところで、この場所にお目見えする紫陽花は、
例年、その名の通り、品のいい紫色のはず。
しかしながら、実はこのように開花当初は純白そのものなのです。
そして徐々に日を追うにしたがって紫に染まっていくとは、なんと神秘的なことでしょう。
 
そんなことを思いながら、近づいてみると・・・
いまだ蕾の小さなものが・・・。

その蕾こそが、近い将来に「萼」そのものをどんな色に染め上がるか密かに予告しているように見えました。

前の記事久我山に、アインシュタインが、芭蕉が、そして賢治がやってきた! @東工大世界文明センター:サイエンス・キャラバン2010
次の記事【お知らせ】 6/12中学音楽部 〈コチャール・ミクローシュ氏による公開レッスン〉受講!