閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

5/29 高1女子《研修会》第2日 @御殿場〈国立中央青少年交流の家〉.

投稿日2010/5/30

imgp3028.JPG imgp3024.JPG 「青年群像」 希望 愛情 勤労

週末を利用して女子部中高それぞれ1年生たちの奮闘ぶりを見に出かけてきました。
 
29日(土)は、まず「お姉さん」の高校1年〈研修会〉へ。
   → アルバム(デジブック)は後日公開します。 お楽しみに・・・。
 
  
〈研修会〉の歴史は、その会場である〈国立中央青少年交流の家〉(旧「国立中央青年の家」)とともにあるといっても過言ではありません。
ふだんの学校生活の中でもよく聞かれる
「五分前の精神」「来たときよりも美しく」といったスローガンは
もともとこの〈研修会〉で刻み込まれた精神なのです。
 
多くの先輩達が所内各処に植えていった記念樹に見守られながら、今年の1年生たちも晴れて「久我山」への仲間入りを果たしたようです。
 
imgp2984.JPG
到着したときには、ちょうど「礼法」の講話と実習が終わるところでした。
講師の先生のお話に感銘を受けたOさん、
「週に3日ぐらい教えを受けたい」とポツリ。
 
imgp2989.JPG imgp2998.JPG
次のプログラムは、伝統の「駆け足行進」。
みんなの気持ちが一つにまとまらないと成り立ちません。
小糠雨の降る中でしたが、各クラスともリーダーの掛け声に合わせて元気よく行進していました。
 
imgp3010.JPG imgp3004.JPG imgp3008.JPG
その後、すかさず研修室に移動して「クラス別討議」へ。
 
「2日目までの反省すべき点や良かった点」について話し合うクラスでは・・・
「怪我をしている○○さんの荷物をもってあげたり・・・」
「食事のあと、きちんとふきんで机の上を率先してふいたり・・・」
そんな善行が発表されるたびに拍手、拍手・・・。
 
また、ファイヤーストームのレクの出し物について話し合うクラスでは・・・
ダンスの配置についてそうとうにこだわりを見せていました。
「あまり何重にもなると、内側の人が火の中に入っちゃうよ!」(笑)
 
さらに、全員の顔が見渡せるようにと大きな輪になって話し合うクラスもありました。
 
imgp3015.JPG imgp3018a.JPG imgp3027.JPG
このたびの宿泊棟は「かえで」。
そこから食堂までの間、ひときわ元気な駆け足行進の声が響きます。(笑)
それもそのはず。いっさい間食なしで過ごしているからか、お腹はペコペコ。
巷のダイエットブームなどなんのその。
ここではみんな、生きていくために驚くほど食欲旺盛でありました。(笑)
 
明日3日目は、午前に「座禅」、午後は「野外炊飯」。
そして待望の「ファイアーストーム」(雨天時はキャンドルサービス)へとつづいていきます。
 
その最後の晩の様子は、またあらためて・・・。

前の記事5/25-28 男子部中学1年自然体験教室@国立信州高遠青少年の家
次の記事5/30 中1女子《自然体験教室》第3日 @信州・高遠〈国立信州高遠青少年自然の家〉